米朝会談が決裂した本当の理由、制裁全面解除と非核化に迫る!

引用:https://twitter.com/hashtag/%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%97%E5%A4%A7%E7%B5%B1%E9%A0%98

2月27日から28日にかけてベトナムのハノイで行われた2回目の米朝首脳会談でしたが、想定

外の決裂という結果でした。

事務レベルでの協議で両国の考え方にかなりギャップがあったことから、会談自体が準備不足

だったようですね。

しかし、北朝鮮の金正恩労働党委員長は、北朝鮮出国時からマスコミに報道を許可し、経済制

裁解除の実現に向けて成功の自信があったようです。

米国のトランプ大統領が成果を求めて、前のめりになっているという感触をつかんでいたから

だと思います。

トランプ大統領の非核化の実現を急がないという発言がありましたが、非核化への合意を急が

ないという意味だったようですね。

経済制裁の全面解除や、完全な非核化を巡って両者の考えに溝があり、トランプ大統領のロシ

ア疑惑も再燃しており、トランプ大統領もハードルを上げざるを得なかったようです。

ここでは、米朝会談が決裂した本当の理由と制裁全面解除と非核化について、落胆した韓国の

文在寅大統領についてみていきたいと思います。

 

 

米朝会談が決裂した本当の理由

米朝会談が決裂した本当の理由は、両国にとって見込み違いがあったことがその1つです。

事務方レベルの協議でも両国の考えに大きな相違があったようですし、準備不足で見切り発車

でのトップ会談でした。

来年の大統領選までに成果を出したいトランプ大統領の足元をみた北朝鮮側の対応や見通しも

甘かったようです。

寧辺の核廃棄だけで、経済制裁の全面解除はトランプ大統領にとっても受け入れられない要求

だったようです。

実際には、全面解除の要求ではなかったともいわれてますが、主要な経済制裁の解除を求めた

ようなので、実質的な全面解除と同じことのようです。

完全な非核化へのロードマップも示せないのでは、部分的な非核化での制裁解除は難しそうで

す。

米国は寧辺以外にも核施設があるのを把握しており、北朝鮮側にとっては、見通しが甘かった

ようですね。

また、米国側が原理原則論の完全な非核化までハードルを上げてきたのは、米国下院の公聴会

でトランプ大統領の顧問弁護士だったマイケル・コーエン氏の証言があったからです。

マイケル・コーエン氏の証言が米朝会談の時期と重なったことで、トランプ氏も気になって会

談どころではなく、安易な合意では、帰国後に批判されるという判断があったと思います。

米朝会談の日にマイケル・コーエン氏の公聴会での証言があったことが会談決裂の最大の理由

と言えそうです。

 

制裁全面解除と非核化について

制裁全面解除と非核化の実現のデイールはその実施のタイミングが難しいです。

米国側は、非核化の完全な実施で検証をして不可逆的なものにするまでは、制裁の全面解除は

しないと思います。

しかし、北朝鮮の金正恩労働党委員長にとっても、そうすることでのリスクが大きい為、体制

保障や本人の命の保障とともに、経済的な見返りがどうしても欲しいところです。

経済制裁がかなり効いていて、軍人の食料まで不足しているので、不満を持つ国民は少なくな

いという国内事情もあります。

制裁解除と非核化へのロードマップは、お互いに疑心暗鬼であるだけに難しい作業です。

不可逆的な非核化が担保出来るなら、段階的な制裁解除もあり得ると思いますが、方法論的に

みても簡単ではないです。

国連の査察団がしっかり北朝鮮内に常駐して、非核化へのステップを委任できるようにしない

と制裁全面解除は難しいです。

落胆した韓国の文在寅大統領

今回の米朝会談の決裂に最もショックを受けてるのは、韓国の文在寅大統領だと思います。

3.1独立運動100周年でも、文在寅大統領は、予想された日本批判はなく、友好的な発言に終始

しました。

米朝会談の決裂で、自国の経済的不利益もあるからだと思います。

南北経済協力事業の開城工業団地の再稼働や金剛山観光事業の計画も前に進められないです。

南北縦断鉄道の計画も頓挫してしまいます。

また、文在寅大統領が目指す朝鮮半島の統一の計画も後退してしまいます。

韓国経済も悪化しており、国民からの支持率も低下することが予想されるだけに、米朝会談の

決裂は、想定外であり落胆を隠せないようです。

 

 

ま と め

米朝会談でトランプ大統領が安易な合意をしなかったことは、米国内でも評価されてます。

日本にとっても拉致問題を抱えており、安易な合意は拉致問題の解決にもプラスにならないで

す。

北朝鮮には、非核化を真剣に取り組んで欲しいですし、そうすることで東アジアの安全にもつ

ながると思います。

北朝鮮の非核化には、忍耐のいる長期的なプロセスになりそうです。

米朝や中国や韓国だけでなく、日本もしっかりこの問題にコミットして解決に向かって欲しい

です。

スポンサーリンク