寝屋川ロープ事件の概要と犯行理由は何?犯人の名前や画像と罪の重さにも迫る!

 大阪府の寝屋川市で4月29日午前2時半頃に起きた事件は、市道にロープが張られていてミニバ

イクに乗った女性が転倒し、骨折するという内容でした。

事件の詳細が明らかになってきましたが、16歳の高校生2人の犯行だったことが分かりまし

た。

過去にも同様の事故は、発生しているので模倣犯であり、愉快犯のようでとても悪質なものだ

と思います。

一歩間違えば、被害者が死亡することも考えられるだけに、重い処罰を求めたいです。

ここでは、寝屋川ロープ事件の現場と概要についてと、犯行理由や犯人の名前や画像について

と罪の重さやネットの反応についてみていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

寝屋川ロープ事件の現場と概要

事件の現場

引用:https://twitter.com/search?q=%E5%AF%9D%E5%B1%8B%E5%B7%9D%20%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%97&src=tyah

事件の概要

4月29日午前2時半頃に大阪府寝屋川市の成田南町の市道で6.7メートルの道幅にナイロン製の

ロープが張られており、そこに通りかかったミニバイクの女性が転倒して重傷をおいました。

女性は、77歳で新聞配達に出勤する途中だったようですが、左脚を骨折しました。

ロープは営業時間外の為、スーパーの駐車場に張られてあったもので、駐車場から道路の向か

い側にある理髪店のサインポールに張られていたようです。

深夜だと死角になり、自転車やバイクに乗った人が通行するととても危険です。

スポンサーリンク

 

犯行理由について

犯人は寝屋川市内に在住の私立高校生16歳の2人で、犯行理由については、いたずら目的の愉

快犯でした。

2人は、殺人未遂と往来妨害の容疑で逮捕されました。

犯行事実は認めておりますが、転んだ人を見て楽しもうと思ってたようで、殺意は否認してお

ります。

2人はニュースになるような大事になるとは思わなかったと述べており、ノーテンキな様子で

困ったものです。

高校生なら、物事の善悪の判断ぐらいはできると思うし、理性で抑えることができたと思うだ

けに、残念です。

 

犯人の名前や画像について

犯人の名前や画像について調べましたが、残念ながら見つかりませんでした。

しかし、バイトテロ犯と同様で、面白半分で起こした事件だけに、ネットでも面白半分に調べ

られて、名前や顔写真はすぐに公開される時代なので、すぐに明らかになると思います。

事件の悪質性や社会問題として捉えられると週刊誌などは、未成年でも名前や顔写真を公開す

るので、犯人たちは安易にこのような事件を犯すとしっぺ返しを受けることになります。

親の教育や躾とかよりも、本人の自覚の問題だと思います。

 

罪の重さについて

事件の内容からして、刑法124条2項の往来妨害致傷に該当しそうです。

罪の重さとしては、15年以下の懲役、または50万円以下の罰金となっており、事件の内容によ

ってかなり幅があります。

今回の事件は、ミニバイクの女性がもっと高速で運転していれば死に至った可能性もあり、殺

人未遂の適用にもなるようです。

いずれにしても決して軽い罪ではないですが、犯人が16歳の未成年であることから、罪に問わ

れる可能性は低そうです。

 

ネットの反応

 

 

 

 

ま と め

寝屋川のロープ事件は、16歳の高校生2人の犯行であったことが判明しましたが、まだ若いだ

けに、しっかり反省して今後は社会に役に立つことができるようになって欲しいですね。

今回のような事件が報道されると、模倣犯が現れることも考えられるだけに、再発することが

ないように監視体制も強化しないといけないですね。

また、場合によっては重い罪を課して、抑止効果を狙うのもよいと思います。

今回の事件でも、場合によっては死亡事件にもなりかねなかっただけに、犯人たちは十分に反

省して欲しいし、最悪の事態も想像して行動するようにして欲しいです。

スポンサーリンク