福岡春日市の6歳次男虐待事件の概要と母親の動機や父親について迫る!

引用:https://twitter.com/hashtag/%E6%98%A5%E6%97%A5%E5%B8%82?lang=de

福岡県の春日市で39歳の母親が6歳の次男に2分間にわたって暴行を加える虐待事件がありま

した。

13歳の長男がSNSにその様子を動画投稿したことで、多くの人に知れ渡り、母親の逮捕に至っ

たようです。

この母親は、SNSで動画投稿した長男にも暴行をした過去があり、児童相談所から指導を受け

ていたようです。

子供への虐待が常習化しているのかもしれないですね。

しかし、父親は子供への虐待に気づかなかったのか気になります。

夫婦関係が円満でなかったのかや普段からコミニュケーションが不足していたのかもしれない

です。

ここでは、福岡春日市の6歳次男虐待事件の概要と母親の動機や父親についてみていきたいと

思います。

 

スポンサーリンク

福岡春日市の6歳次男虐待事件の概要

6歳次男の暴行は、今月5日のお昼過ぎに起こったようで、母親が次男の背中やお腹を複数回

にわたって足蹴りしたようです。

暴行の一部始終を撮影した動画がSNSに投稿されており、匿名による通報から警察が重く受け

止め、母親の逮捕に至ったようです。

幸いにも次男に怪我はなく、長男と一緒に児童相談所が保護したようです。

昨年には長男への暴行で、児童相談所から指導を受けており、子供への虐待は日常的に行われ

ていた可能性があります。

 

母親の動機について

母親は、警察の取り調べにおいて、次男が嘘をついたのでイライラしていたと供述しており、

容疑を認めているようです。

子供が言うことをきかないことが原因だったようですが、教育や躾は出来るだけ言葉で何度も

説明するようにするべきですね。

子供への虐待は、決していいことがありませんし、子供が大人になった時に同じ事を繰り返す

ことになりかねないです。

母親はお酒を飲んで、子供たちに暴行することが多かったようなので、何かストレスでもあっ

たように思いますし、ストレスが虐待の動機だったことが考えられます。

母親の生い立ちや夫婦仲やどうだったのでしょうか?

夫婦仲が円満で、明るい家庭であれば、起こりえない事件なので、夫の責任もないとは言えな

いです。

夫に子育ての悩みを相談できなかったことが背景にありそうですし、夫婦間のコミュニケーシ

ョンもあまりなかったのかもしれないですね。

スポンサーリンク

父親について

母親が次男を暴行をしていた時に、父親は何をしていたのかが気になりますが、報道では、父

親は不在だったと報じております。

これまでにも児童相談所から指導を受けているので、父親が子供への虐待を知らなかったこと

はない筈です。

父親は、子育てや子供の躾について母親に任せっきりで無関心だったのか、夫婦関係が上手く

いってなかったことも考えられます。

父親が子育てにしっかり関与し、普段から夫婦間に会話があり、父親と子供との会話があれ

ば、防げたことなので、父親も責任を持って子育てに関わるべきです。

 

 

ま と め

春日市で起きた今回の事件は、子供への虐待であり、胸が痛くなりますね。

母親も精神的に不安定なのかもしれないので、カウンセリングを受ける等をした方がよさそう

です。

教育や躾と暴力は紙一重のところもありますが、子供が大人になった時の影響を考えると、子

供に手を出すことはやるべきではないです。

似たような事件が最近多くなってきたことも今の社会を反映しているので、ストレス社会とい

われる今の社会環境にも問題がありそうです。

スポンサーリンク